ワッペン製作でのマジックテープ加工について

ワッペン製作を行う上で、ワッペンをどのように素材に取りつけるかを考える必要がでてきます。がっちりと縫いつけてしまうのか、それとも軽く安全ピンなどで止めるタイプにする科など、様々な方法があります。そんな取りつけ方法の1つとして、マジックテープ加工があります。ワッペン側と素材側のオウトツのあるマジックテープをそれぞれ縫いつけることで、ワッペンを取りつけることが可能になります。マジックテープ自体には色が様々あるので、素材とワッペンのデザインに合わせて選ぶこともできます。洗濯を良くする素材に取りつける場合、ワッペン自体を洗ってしまって劣化してしまうことを防ぐため取り外せるようにする場合も多いです。作業着や会社のスタッフジャンパーなどでもよく利用される取りつけ方法の1つです。ワッペン自体が取り外し自由ということでとても便利な取りつけ方法の1つです。

ワッペン製作の縫い付け加工について

洋服などのワンポイントとしてのオシャレや、子供がもつ通園鞄などの目印などワッペンは様々な用途で活用されています。ワッペン製作をするさいに必要な工程として、取りつけ加工がありますが、一般的に一番多い方法として縫い付け加工があります。張りと糸を使用して、素材にしっかり縫い付ける方法となります。しっかりと縫いつけることで途中で取れたりずれたりすることがなくなるので、身体を良く動かすウェアや釣りベストや柔道着といった素材におおく利用される取りつけ方法です。しっかり素材と縫い合わされるため、洗濯などで取れる心配をする必要もありません。ただし洗濯頻度があまりに多い素材の場合は、ワッペン自体の生地素材を洗濯加工に強い物を選んでおくと良いです。ワッペン自体を縫い付けを行う場合は、しっかりと素材のデザインとワッペンのデザインを考慮した糸を選ぶことが大切となります。

ワッペン製作のクリップピン加工について

ワッペン製作を行ったあとには必ず素材にワッペンを取りつける工程が必要となります。方法としてはワッペン自体をしっかり取り付ける縫い付け方法やアイロンフィルムなどがあります。取り外しが可能な方法としてはマジックテープなどもありますが、クリップピン加工などの多く使用される取り付け方法の1つになります。クリップピンはワッペンの後側につけるタイプで、素材自体に直接取り付けることはしません。必要なとりだけ安全ピンやクリップ部分を使用して素材に取りつけることになります。そのため会社のスタッフジャンパーや法被など必要な時に応じて一時的に取りつける際にとても便利な方法となります。クリップピン加工と類似して安全ピン加工などもありますが、安全ピンも同じように必要な時にワッペンを素材につけるための方法となります。どんな素材にも好きな時に取りつけることができる便利な方法になります。

お祭り用にはっぴや色々なイベント用にはっぴが大人気です。用途に合わせてはっぴの種類も色々あります。 横浜市の小学校様よりソーラン節用にはっぴのお申し込みを毎年頂いております。 弊社でしか販売していない 弊社オリジナルのはっぴが 多数あります。 弊社で在庫をしてますので すばやい発送が可能です。 体育祭や学園祭用にはっぴが大人気! 有名企業様のはっぴを多数製作しております。 ワッペン製作で好評いただいております