すごい横断幕を作る方法

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

おすすめ情報

マルチに盛り上がれる手作り横断幕

使用目的に合わせた生地 文化祭やスポーツなどでよく見かける横断幕、横断幕一つで活気があり、やる気とパワーが生まれますよね。学校の体育祭などで、自分達のオリジナルの横断幕を作って盛り上がってみてはいか…

もっと詳しく

すごい横断幕を作る方法

手作り横断幕の作り方 手作りで横断幕を作るときに用意する物は、まず作りたい大きさや長さの用途に合わせた素材の布を用意します。縦と横の長さは端の処理を行うため、作りたい長さプラス20センチ分ぐらいを余…

もっと詳しく

手作り横断幕の作り方

手作りで横断幕を作るときに用意する物は、まず作りたい大きさや長さの用途に合わせた素材の布を用意します。縦と横の長さは端の処理を行うため、作りたい長さプラス20センチ分ぐらいを余分に余らせておきます。他にも横断幕に絵や文字を書くための絵具や筆、マスキングテープやアイロンの熱で接着する両面テープや幕をかけるときに使うひもなど、あとひもを通すためのハトメを用意します。
次に布の端の部分を仕上げます。余分に余らせた部分の布の4辺をそれぞれ5センチ幅ぐらいで2回に折り、テープなどで止めます。アイロン熱接着両面テープやミシンで縫っても大丈夫です。布の処理が出来たらその次にデザインを横断幕に写していきます。デザインは手書きでもパソコンを使っても自由です。できれば横断幕の下書き用に横断幕の原寸大に拡大した文字やデザインの印刷物を作っておくととても便利です。
デザインを写し終えたら色塗りの作業に入りますが、塗っているときに文字やデザインから色がはみ出さないようにマスキングテープを使うと作業もしやすく良いデザインに仕上がります。そして仕上げに布の四隅にひもを通すためのハトメを付けます。金づちで叩いて付けるタイプでも良いのですが、手芸屋などに売っている専用の工具のアイレットプレイヤーがあるととても便利です。最後にひもの端の部分を簡単に取れないようにしっかりと結んで固定して、横断幕の出来上がりです。

試合でよく見る横断幕がすごい

横断幕のイメージは古い話で、戦争の出征の時に何々君お国の為にとか書いてあるイメージが強いのですが、初めは何のために作られたのでしょう。最近はスポーツの応援の場面でよく使われていますね。特にサッカーでは大きな横断幕がフェンスに取り付けられているのをよく見ますが、誰が作るのでしょう。あれは染物ですよね。と言うことは船などの大漁旗を作る染物屋さんが作るのでしょうか?
さらに大きなものはいくらくらいかかるのでしょう。野球でも見かけることが有りますし、バスケなどでも見かけますが、スポーツにはなくてはならないものなのですね。でもサッカーの物が大きさと数では最高ではないでしょうか。さらに野球では応援は個人が好きな選手に向けて応援をしています。色々と目立つようにアイデアが詰まった応援ですよね。
スポーツでもそれぞれ応援の仕方が違うように、横断幕の使い方も違うのですね。横断幕は選手に向けてのものですので、選手が見やすくて気持ちがすぐに伝わるような造りになっているのですね。そして同じサッカーでも、日本代表の試合だと横断幕の表現も国の名前になりますし、目指すもので変わってくるのですね。今度の試合は、みなさんが持っている横断幕に注目して見てみたいと思います。

メニュー

2017年08月03日
マルチに盛り上がれる手作り横断幕を更新しました。
2017年08月03日
すごい横断幕を作る方法を更新しました。
2017年08月03日
横断幕を作成する際に気を付けたいポイントと相場を更新しました。
2017年08月03日
豊富な種類の素材を選ぶことが大切を更新しました。

Copyright(C)2017 目立つものこそ知っておきたい横断幕の素材と予算 All Rights Reserved.